こんにちは!新小岩名倉接骨院 笑顔の伝道師 横山です。

 

 

 

 

 

本日も元気よくブログを書いていきます。本日は「筋肉が固くなってしまうとどうなるか?」というテーマに沿って書いていきます。なぜ、このテーマにするかというと、私自身が首が痛くなっているのと、患者さんが痛みや、動きの制限が出ているのが「筋肉性」の方が関係が強いからです。まさか「ヘルニアか?」と思う人も、実は筋肉であったりと大きな症状の変化も実は筋肉が関係していることが多いのです。そもそも、筋肉はなぜ固くなるのか?基本的には、筋肉は→血流が悪くなると固くなる→動きを制限する→痛みに変わる。また

1・片方に負担をかける。

2・片方がひきのばされる。

3・骨盤がゆがむ。などの理由でも固さが出てきます。

ですが筋肉が固くなった時は、もちろんマッサージでもいいですが自分自身でも、緩みが出せます。それはどんな風に行うのか?「痛いところを継続的な力で押すこと・・これです!そんなに力はいりません。本当に少し押すだけで筋肉というのは緩みます!ぜひ、みなさん行ってみてください。また、周りの人にも教えてあげてください。