こんにちは!新小岩名倉接骨院 笑顔の伝道師 横山です。

 

 

 

 

 

 

本日はたいふ~~~ですが横山は元気よくパソコンの前でブログを書いています。(笑)

本日、皆さんにお伝えしたいことは「接骨院」とはどんなところ?というテーマに沿って書いていきます。元々の業務は、骨折、捻挫、打撲、挫傷、脱臼などを扱えますが普段は接骨院に、そういった「ケガ」でご来院される方は少ないです。その代わりに、慢性的な腰痛や不定愁訴(原因がわからないもの)が多いです。その不定愁訴のものも治療の仕方として様々準備はしているので対応はできます。なのでそこは遠慮なく相談してください。いわば「体の何でも屋」として思ってもらえるといいですね。他にもテーピングという素材を使い筋肉を固定したり、包帯という固定道具を使い様々な関節を固めます。ここで、もう一度接骨院の業務を知って頂き周りで悩んでいる人がいましたらぜひ、お伝えください!