YES!おはようございます!テンションMAX 新小岩名倉接骨院 笑顔の伝道師 横山です。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は「なぜ、足がつってしまうのか?」というテーマに沿ってブログを書いていきます。夏本番を迎え暑い毎日ですが、皆さんは足がつってしまった経験はナイですか?僕は年中ではないですが、月に1度くらいあります。

ここで一つお知らせですが、月に2回以上つってしまうのが季節関係なく起きる人は、要注意です。なぜか?つってしまう状態は、まず神経が酸欠状態+血流が悪い+姿勢が悪い+水分が足りない+鉄分不足+睡眠不足で起こると言われています!以外に原因多いですよね?!ですがこの中でも特に気にして欲しいのは「姿勢が悪い」「水分が足りない」「神経が酸欠状態」の3つです。

姿勢が悪い→足に血液を流しているのは心臓ですが姿勢が前かがみ(猫背)になると心臓を圧迫してしまい流れを悪くします。そのことで呼吸等も生涯を受けます。

「水分が足りない」→元々、人の身体の構成要素として60%を締めているので汗や、排せつ、寝ている時の汗などで自然と消えていくのでなりやすいです。

神経が酸欠状態・・・?(ノД`)・゜・。ですよね!!!神経が酸欠というのは、単純にいうと神経の流れが悪くなっていることを指します。特に腰骨が曲がっていると足に近いので、影響を受けやすいです。どの部分もすごく重要なので覚えてもらいたいですが、特に対策法としては、もしなった場合は→例)右足。横向きに寝る(右足上にして)膝を抱える様にして曲げる、しばらく待機・・・改善します!うそだと思って是非試してみて下さい!僕も改善しました(>_<)レッツチャレンジ!一緒に健康になりましょう!