皆さん~こんにちは!新小岩名倉せっこついん 笑顔の伝道師 横山です(≧▽≦) 本日は、どんな熱い内容にするかというと継続治療の必要性」です。昨日もブログで書きましたがhttp://wp.me/p7NN42-wj 「どんな接骨院がいいのか?」

 

 

 

 

 

 

 

私たち、接骨院では基本的に継続治療を推奨しています。実際継続治療は、接骨院だけでなく病院でも行っていることです。ただ、接骨院と病院で違うのは病院は継続治療ですが、長期で、短期間に何回も行くことはありません。逆に接骨院は短期間に何回も来ます。ここが凄いみそなんですが

勉強も、何回も何回もすることで覚えていくし、仕事も何回も行うことで覚えますね。体も一緒で私たちの「治す」ことは体についている悪い癖を、姿勢を1回ずつ正しいところに戻していく。生活の中で戻ってしまうのを継続して、治療し覚えさせます。

もう一つ、継続治療の必要性がありますが→「ホメオスタシス」という機能が人体には備わっています。どんなものかというと、いろんなものを「覚える」機能です。なので悪い癖がずっと続くとそれを覚えてしまうので、正しいことを体にしても、直ぐに戻ります。なので逆に「いい姿勢を覚えさせる」ことでずっと体はよくなります。そのためにも継続治療が必要です。

短期的なものだと体は「覚えないので」すぐに戻ります。確かに、変化は出せるので、治ったと思う方も多いですがぜひ、この機会に体を中側から本気で直しましょうm(__)m