皆さんこんにちは、新小岩名倉接骨院内田です!今日は梅雨日和ですね(‘_’)

でもまた来週天気良さそうですよ!

 

昨日の代表戦ご覧になられましたか?私は後半15分くらいしか見られませんでした。

仕事終わって上司の方々をおいて急いで家に帰ったのですが、急ぎ過ぎて職場に忘れてきました。自宅の鍵

帰り道につまみとビールまで買ったのに家に入れない気分はこの上ない歯がゆさでした。

 

でもすごかったですね!日本!前回大会のリベンジお見事でした。

大迫選手が効いていたのではないでしょうか。ほんとよく前線で収まっていたと思います。

 

希望と感動を与えてくれました。ありがとう!次の試合も頑張って!応援させて頂きます!!

 

今回は座り方についてですね、なにも考えずダラッと座ってしまうとお尻の後ろに重心を持って行ってしまい

骨盤が寝て、それに伴い上半身も丸まってしまいます。上半身が丸まると、肩が前に出てきて猫背まっしぐらです。

そこで、お尻の下に柔らかいものを敷いて骨盤を立てて上半身の姿勢も矯正させます

そうすることで自然と胸が張れ、呼吸もしやすい状態になります。

背骨はもともと曲がっていてこれを生理的S字湾曲と言います。なぜこの構造になっているかというと

身体にかかる衝撃をバネのように吸収することで負担を軽減することと、臓器・心臓を皮膚表面から遠ざけて守ることが目的です。

 

この少し曲がった状態が、人間本来の姿勢なのです。

デスクワークなどで座ることが多い方は特に気を遣いましょう。

タオルの置く位置座り方は、バスタオルなど厚みの取れるものをたたみ(もしくは丸め)、お尻後ろ半分で座り

かすかに前傾姿勢を感じる程度です。背中に辛さを感じるほどまでだと、高さをつけすぎになるのでタオルをワンサイズ小さいものにするか、

もともと腰が悪い可能性が高いので接骨院、専門医に診てもらいましょう。

また、右の「STYLE」は骨盤を締める働きもしてくれて、がに股・内股も矯正されるのでより楽な姿勢で簡単に座り方を

覚えられます。この座り方も、体に覚えさせてしまえば何もないフラットな場所でも正しい姿勢で座れるようになります。

是非正しい座り方を会得してより健康な未来を手にしましょう!

 

私達新小岩接骨院のスタッフは、治療だけでなく生活面での指導もさせていただいています。

治療に携われる時間は僅かなので、患者さん自身にもお身体と向き合って頂いて意識付けしていただければ

治療効果はまた一段と上がります。協力して良い体にしていきましょう!