皆さんこんにちは!新小岩名倉接骨院内田です!梅雨前の太陽のアピールがすごいですね(^^)

おかげで太陽エネルギーフル充電完了です!光合成光合成♪

またも昼呑みしてました、サイコーです(´ー`)

 

が、写真撮っておらず、いつしかの…(笑)

 

 

さて、今まで姿勢姿勢と念強く言ってきましたが、私たちがと治療させて頂ける時間はほんの少しです。

患者さんの中には、忙しくて1週間に一回しか来られない人、1週間に3回来られる人、ほんとに時間ができたときにしか来られない人、

様々です。週に一回しか来られない人を例にすると、私たちが治療できるのはその1日、もっと言えば治療時間は30分前後です。

残り6日間と23.5時間は患者さんがどんな生活をしているのか完全に把握することはできません。どんな姿勢で過ごしているのか、

どんな体勢で寝ているのか、は分からないのです。この治療時間の過ごし方が、治療効果に大きな影響を与えます

 

 

もしそこで、患者さん自身が姿勢を意識して過ごしていただければ、私たちの治療の効果も最大限発揮され、

治療期間も短くできます。しかし、なにも意識せず23.5時間悪い姿勢で過ごしてしまうと、

私たちの治療効果は薄くなってしまいます。ふと気づいたときに、姿勢を意識してみてください。

毎日来ていただける患者さんも一緒です。一日の中の治療以外の時間も意識しましょう!

 

具体的に何を意識するの?という質問、くださいください☺☺

まずは

 

立ち姿勢

・足幅を広げて重心を安定させましょう!あえて肩幅より広げても良いです

→足幅が狭いと重心が左右に振れやすく、片方の足に乗りやすいため。

お尻をキュッと閉めてお腹をへこませましょう

→骨盤が安定し、体幹が起きるため猫背になりにくいです。

自然と胸を張り、肩を落としましょう!

→胸を張り過ぎると反り腰になり腰痛を招きます、肩を落とすことを意識しましょう。

 

歩き姿勢

・上半身は立ち姿勢と同じです。

・足幅は立ち姿勢みたいに開かず、右足左足が一直線上に来るように歩きましょう!白線の上を歩くように

→がに股にせずまっすぐ歩くことで、股関節が外に開くのを抑え、骨盤を安定させます。

踵から地面につき、つま先で地面をけりましょう!

→足の裏全体を使えていないことが多いです。踵から全部付けましょう。

 

座り方

・椅子は浅く座りましょう!

→深く座ると骨盤が後継してしまい猫背の原因・腰への負担になってしまいます。

・または、深く座るのであればクッションなければタオルを折りたたんでおしりの後方半分に敷いて座りましょう!

・デスクワークでの上半身は真っすぐにし、肘は90度でパソコンなどの目線は真正面より少し下になるような高さにしましょう!

・床に座る場合は正座にするか、体育座りにするのであれば壁にべったり背中が付くような位置取りをしてください!

→あぐらは良くないです。がに股になりやすく、骨盤が緩む原因となります。

・座椅子に座る場合は背もたれを倒さずに使うようにしましょう!

 

寝方

理想は仰向けです!つぎに横向き、悪いのはうつ伏せ

→うつ伏せは自分の体重で心臓・肺を圧迫してしまい、呼吸しずらくなりますし、反り腰になりやすいです。

・仰向けの際腰が痛い方は膝を曲げるか、腰の下になにかクッションを敷きましょう!

→この際に、クッションで腰を持ち上げるのでなく、腰とベッドの間にある「隙間を埋める」ものとしてください。

腰を持ち上げてしまうと反り腰を強調してしまいます。

起き上がる時は足から降ろしましょう!(ベッドの場合)

布団の場合は手を使って体を起こしましょう

   もしくは    

 

いかがでしょうか?これらを意識することによって治療効果は全く変わってきます。

より早くより正確に体を治す為に、セルフケアもしっかりした方が良いですね!

 

ほかにも何か下記になる点、もっと深い話は是非当院までお越しください(^^♪