こんにちは!新小岩名倉接骨院笑顔の伝道師 横山です。

本日は腰にかかる負担とはどのくらいあるものなのか?をお伝えしていきます。やはり体にどんな影響を与えているかを分かった方が良いですよね(ノД`)・゜・。

腰の椎間板の役割

腰の椎間板は、クッションの役割をしていて立っている時や座っている時の負担を減らす役割をしています。柔らかいゼリー状の物なので、潰れすぎると飛び出てしまいヘルニアになってしまいます( ;´Д`)

椎間板への負担

真っすぐ立った状態➡100(圧力)

立った状態で、上半身を軽く前に曲げた時➡150

仰向けで寝た状態➡25

横向きで寝た状態➡75

椅子に真っすぐ腰かけた状態➡140

椅子に腰かけ上半身を前に曲げた状態➡186

椅子に腰かけ、前かがみで荷物を持つ状態➡275

ここで気にしてほしいのが、一番負担が少ないのが仰向けの状態という事です!!!!また、日常生活で多い前かがみの状態がかなり負担をかけるということです。

物を持ち上げた時の負担

先ほども書いたように、腰にかかる負担は前かがみでより大きくなります。例えば90℃前かがみで50キロの重さを持つと、腰には700キロの負担がかかるのです。これはものすごくないですか?

上記の事を読んで頂き、より腰への負担を知って頂いたと思います。改善へは「姿勢」がより大事になるので少しでも姿勢を直していきましょう。

 


YouTube(本院紹介
https://youtu.be/MeNdgLJinGM

Twitter
https://twitter.com/nagurahonin1015

ameblo
https://ameblo.jp/shinkoiwanagura/?frm_id=v.mypage-ameblo–myblog–blog

インスタグラム
https://www.instagram.com/shinkoiwanagura/

google+
http://plus.google.com/+

新小岩名倉ホームページ
http://shinkoiwa-nagura.net/

LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40tdj1566d

エキテン新小岩名倉接骨院
http://www.ekiten.jp/shop_20916/review/?tnm=mu

Facebookページ
https://www.facebook.com/shinkoiwa/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
㈱カラダパートナー
新小岩名倉接骨院
〒124-0024
東京都葛飾区新小岩4-11-12
TEL/FAX 03-3655-6288
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆