こんにちは、新小岩名倉接骨院 笑顔の伝道師 横山です。

本日は冬に運動すべきかどうかという所のお話をしていきます。まだまだ寒い季節が続きますが世の中には、運動が苦手で行っていないという患者さんが多くいます。でも皆さん必要性は理解できているのです。気持ち的にはやりたいのです。でも、なぜできないのか

理由には、やりたくないやケガしているややり方が分からないなどが挙げられますね( *´艸`) その中でも私が強く思うのは冬に運動を行う理由と効果がわからないという所が一番です。

なので、勝手にそこだけを説明していきます。まず、運動はなぜやらないといけないか?運動をすことで→筋肉が動かされます→体温が上昇→代謝改善→体温上昇→体幹に2次的ないい効果が表れる。運動の時間は?→脂肪燃焼するのが20分を超えてからです。理想は30分行うのがよいです。運動する服装は?冬場でも、走ったりする場合はあまり着こまなくても大丈夫です→動いて体温が上がります。軽いスポーツ用の服装にしましょう。靴はスニーカーでもよいか?→なるべくスポーツ用がいいですね!

元々冬場は体温が下がりやすいまた、脂肪燃焼をしにくい用に出来ています。そうすることで寒さの危険性から逃れるためです。ですが外であえて運動をすると矛盾するかもしれませんが、外の寒さに負けないようにと対応を上げようとして脂肪は燃えまくるのです!なので、動かないと不都合が続いて、動けば動くほどいいこと満載です!!!

ぜひ、歩くことからでも続けてみては?