このページを開いて頂きありがとうございます。

今回この記事を担当します。

腰痛特化治療院
新小岩名倉接骨院の
院長 佐々木裕太と申します。

腰痛の原因が腰ない!

と言い切っています。

それを
院長の目線から読み解いていきたいと思います。

何個かあるうちの今回は1つをご紹介しますね。

最後まで読んで頂けたらとても嬉しいです。笑

 

 


______________

まず

痛みを感じるのにはなぜだろう?
と思った事はありませんか??

理由の一つをして
発痛物質」の存在です。

いきなり難しいのが出てきて
ページを閉じてしまう事はしないで下さいね!

ではでは話を戻します。

発痛物質は

血中に多く含まれてくると
それに反応した細胞が脳に神経を介して信号を送り
痛みを発します。

極論
この物質を排除してしまえば痛みは楽になります。
という事です。

でも、
この発痛物質は体の異常を知らせてくれるのに、
とても重要なので無視はしてはいけません。

当然
体が悪くなかったら基本的に痛みは感じませんよ!!

「痛い」=「異常」

である事を体が伝える為に存在します。

他にも効果はありますがこれだけ今回は覚えておいて下さい。

腰痛の人の多くは腰が冷えています。

冷える=血行不良

血行不良という事は
血中にある発痛物質は
その場に居続ける事になります。

発痛物質が流されないので
痛みの原因が体内に存在するという事です。

発痛物質は血管収縮させる効果を併せ持ちます。

最悪の悪循環がここに完成したのが分かりますか??

血行不良により痛みが出続ける

発痛物質が除去されない為、血管収縮が起きる

血管収縮により血行不良が悪化する。

血行不良により発痛物質は増加し
痛みは増悪する。

この決して素敵とは言えない
負のスパイラルの完成でございます。

血行不良は体の痛みを出し続ける
原因の一つになります。

体のどこかが悪いだけではなく
血行不良をいう観点から体は痛みを出します。

あなたの慢性的な症状。

慢性的な腰痛は必ずしも腰に原因があると
限りらないのです。

当院は
こういった血行不良が原因の腰痛に対しても

しっかりと対処出来るので腰痛を良くする事が出来ます。

なぜなら
痛い部位()だけを診て判断しません。
全身の検査をミッチリと行います。

 

 

 

 

貴方の腰痛がどこから来ているものなのか?

 

 

 

腰痛に特化しているからこそ出来るのです。

今回は痛みの原因は血行からも来るという事を
少しだけご理解頂けましたでしょうか??

腰痛にお困りの日本中の方は一度当院にご相談下さいませ!!!
何かお力になれると思います。

 

 

 

当院の優秀なスタッフ