腸内環境の話

みなさんこんにちは(‘◇’)ゞ

【腰痛専門治療院】
新小岩名倉接骨院 内田です(*^-^*)

 

今回は腸内環境についてお伝えしていきます!

人の体は
口から入った食べ物が腸で7・8割
吸収されます。
この時に腸で何が吸収されたのか??
大切です。

 

腸内細菌には悪玉菌、善玉菌、日和見菌
があります。
悪:1、善:2、日:7の割合がベストです!

日和見菌とは、一番多い割合を占めています。
善玉菌か悪玉菌の割合の多いほうの補助をします!

しかし、日本人は善玉菌の割合が10%しかないと
いわれています。

悪玉菌は腸内に
なくてはならない存在です。

ただ、多いと
便秘や下痢、免疫力を弱めてしまう
悪さをしてしまいます。

腸内細菌の割合が良いと
善玉菌は悪玉菌に刺激され活性化します!!

今回はここまでです!

最後までご覧いただきありがとうございました(^^♪

 

 

コメントを残す