みなさんこんにちは(‘◇’)ゞ

【腰痛専門治療院】
新小岩名倉整骨院 内田です(*^-^*)

 

今回は猫背と病気の関係についてお伝えしていきます( ゚Д゚)

猫背は様々な病気と関係しています!

 

例えば…
首から脳へ栄養や酸素を運ぶ血管(椎骨動脈)があります。
この動脈の流れが悪くなると、脳に必要な酸素・栄養が届かず
脳が酸欠状態になります。
そして、
頭痛・めまい・吐き気・スッキリしない
などの症状が出てきます。

椎骨動脈の血流低下

脳に必要な酸素や栄養が届かない

脳が酸欠状態に脳血管障害脳梗塞・脳出血・くも膜下出血

頭痛・めまい・吐き気・スッキリしない

 

他には…
猫背により姿勢が悪くなると、肺や心臓を圧迫してしまいます。
肺の活動が悪くなることで正常な人より酸素を吸えていないというのは
前回お伝えしましたが、
主に息苦しい・呼吸が浅くなるという状態になります。
そうなると体の隅々まで血や酸素を送れなくなります。
またまた、酸欠状態です…笑
酸欠、大変なんですよ!!
体のあらゆる細胞が栄養と酸素を欲しているけど足りない…
そうなると、優先的に内臓に送られるようになります。
内臓は体で大きな役割していますからね!
そうなると、筋肉の細胞に送られる余裕がないので、
筋肉への負担が大きくなってしまうんです…
ここから筋肉が硬くなり痛みへと変わっていきます( ゚Д゚)

肺を圧迫

体の隅々まで血や酸素が送られない

筋肉細胞が酸欠

筋肉が硬くなる慢性の冷え

痛み

 

今回はここまでです!

最後までご覧いただきありがとうございました(^^♪