当院の症例4:「20代・男性・腰痛(子育てによる)」

こんな人が通ってますシリーズvol.4

 

腰痛専門治療院 新小岩名倉院

院長 佐々木裕太です。

 

今回は当院の得意な腰痛患者様の症例です。
腰痛に関しては多くの結果を出しているからこそ
自信があります。

 

子育てをしていて腰痛にならない人が少ないのでは?
というぐらい多いです。(これは男女問わず・・・)

 

「抱っこをした時」
「お子さんと遊んでいる時に前かがみになった時」など
どうしても前かがみをする機会が増え
腰にかかる負担が増えて来ますね。

 

「子育て可愛い子供をいて癒されるけど腰は癒されず、、
泣くのはあなたの腰?お子さんか?ぐらい
腰痛がセットの子育てについて今回お送り致します。」

 

ではでは、症例発表へ移りますね。

↓↓↓↓↓↓↓↓
【年齢・性別・お仕事】
20代・男性・デスクワーク

 

 

 

 

【どんな症状か?】

腰痛
子供を抱っこした際に腰を痛めた。

前かがみは辛く洗顔をするのが困難にでした。
他にも寝起きや靴下を履く時に腰に痛みを感じる。

 

 

 

 
【どんな施術をしたのか?】
当院の腰痛の検査機器としてハイボルトをしようして
どこ痛めているのか?をチェックして
検査結果を元に
全身矯正

筋肉のケアを施しました。

 

初回は痛みが半分まで落ち着く事が出来ました。
その後鍼灸の施術を加えて行きました。

 

 

 

【しっかりと治ったのか?】
1ヶ月で完治しました。
更に再発防止を込めて2ヶ月で卒業しました。

 

再発防止のメニュー
鍼灸と矯正を行いました。

 

 

 

 

【治ったその後は?】
卒業

 

 

 

 

【その他】

お父さんはお子さんと触れ合う時間が少ないからこそ
体は早く治してあげたいというのが当院の心からの想いです。

 

お母さんには子育てによる
体の負担が今までに味わった事のない負担ですので、

 

私たちがどれだけサポート出来るか?
分からないですが、出来る限りのサポートをさせて頂きます。
当院は根治を目指しています。

 

本当の治ると追求しています。

 

その場の結果だけでなく、
これからの明るい未来の為に尽力致します。

 

これからもよろしくお願い致します。

 

一緒に来ていた女の子とっても可愛かったな(〃ω〃)

 

コメントを残す