こんな人が通院してますシリーズvol.3

腰痛専門治療院 新小岩名倉院

院長 佐々木裕太です。

今回はスポーツ選手の症例です。

 

当院は腰痛専門なので圧倒的に腰痛の患者様が多いです。
でも、
当院は腰痛だけでなくスポーツ外傷でも結果を出しています。

どこの院よりも結果を出す事に自信を持っています。

 

なぜなら
名倉」という伝統の名を引き継いでいるからです。
ほねつぎと言ったら「名倉」という時代がありました。
その時代に生きた当院の初代院長から全てを継承して頂いています。

 

なので、
絶対的な自信があります。努力したからこその自信ですね。笑

 

ではでは、症例へと移りますね
↓↓↓↓↓↓↓↓

【年齢・性別・お仕事】
10代・男性・学生
【どんな症状か?】
足首の捻挫。
サッカーのプレイ中に負傷した。
足がつけないほどの痛みで抱え込まれて来院しました。
足首は骨折をしてないのに腫れは外側のくるぶしが見えないほどになっています。

 
【どんな施術をしたのか?】
捻挫では絶対的な効果を出してくれる頼れる施術メニュー
ハイボルト」の登場です。

 

30分間様々な方法で電気を当てた結果。
一人での歩行が可能。
まだ引きずっていましたが足がつけるようになっていることに
本人は感動をしてもらいました。


初回での結果です。
【しっかりと治ったのか?】
それから毎日通院をして頂きたった1週間で走る」まで回復
靭帯の修復が2週間かかると言われているにも関わらず驚きの回復をしました。
その後リハビリをしっかりと行って3週間後には卒業。

 
【治ったその後は?】
卒業をしてからは通ってません。

 
【その他】
この子全国に出場するレベルのチームのレギュラー
大事な試合の前の怪我で出場が
絶望的をチームのトレーナーに言われていたみたいで

相当落ち込んでいましたが、
「私たちは自信持って大丈夫その試合出れるよ!」と行って
希望を持たせて更にそれを実現したことで

本人からお礼を言われたのはもちろんですが、
私たちもサポート出来た事にとても嬉しかったです。

私たちはプロの常識も時には覆すことが出来きます。
スポーツ選手には存分に活躍して頂ける
そんな環境作りをサポートしたいと強く思っています。
ちなみに
試合はフル出場して2ゴール1アシストの大活躍!チームも大勝利を納めたと本人から連絡がありました。
あの時はスタッフ一同で大喜びしたことは本人には内緒・・・。笑