題名:よくつまずくのに潜む危険性について

 

前回は読んで頂けましたか?
何もない所でつまずく・・・そんな経験はなかったですか?
今回は「早急に対処しないと危険です!」その意味についてお話をする予定でしたね。

 

 

危険性のNo.1転倒です。
更に怖いのがこの流れです。

 

転倒

骨折

入院・手術

長期入院による全身の筋力低下

立てない・歩けない

寝たきり

 

 

寝たきりの多くの人は骨折や外出しないといった形で
筋力が衰えてしまったから体を支える事が出来なくなり
寝たきりになります。

 

体を支える筋肉で大きな働きをしてくれるのが
腸腰筋です。

 

その筋肉が衰え始めているという
最後のサインの1つに
「何もないところでつまずく」があります。

 

何気なく起きている出来事が実は怖い未来へつながっています。
まだまだあるサインとして
腰痛・足が痺れる・足はむくむ・足が冷える・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症etc

 

 

これを読んでいるあなたもそうですが、
貴方のお父様・お母様にいち早く知らせてあげて下さい。
介護することになってしまします。

 

 

貴方のお父様・お母様は寝たきりになる事を望んでいませんよね!?
介護されることを望んでいますか?

 

 

いつまでもactiveな生活を送れる幸せを続け欲しいと私は心より思います。

 

私院長はインナーマッスルが好きなので次回もインナーマッスルに関わる記事をきますね。
お楽しみに~~~!!!