こんにちは
腰痛専門治療院【新小岩名倉院】の佐藤です(^^♪

前回
理想の座り姿勢
よりも骨盤方が高い位置にある事が
理想ですよ❕❕とお伝えしました♪

 

では
なぜその高さを意識するだけで
腰痛が激減するのか・・・。

 

 

今日はその理由について
お伝えしていきます❕❕

 

本来、人が座る時に接する点が
坐骨結節という部分があります

しかし
この坐骨結節という部分
実はとても面積が狭いんです

大きさは
ゴルフボール程

その狭い面積
体重を支えるのは非常に困難❕❕

そんな時に
代償動作として(かばって)起こすのは
骨盤を倒して広い面積で
体重を支えようとします❕❕

 

 

 

 

 

しかし
骨盤が後ろに傾いてしまうと
背中が丸くなってしまい、腰痛以外にも
肩コリ・首コリの原因にもなってしまいます❕❕

ここで
先ほど伝えた膝・骨盤の高さ
ポイントになってくるのですが

膝の方が
高くなってしまうと
骨盤が後ろに倒れて
仙腸関節への負担が増加してしまい
かがめない・座っていられない腰痛(仙腸関節型腰痛)を悪化させてしまいます❕❕

 

今日はここまでです❕❕

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました❕❕