こんばんは
腰痛専門治療院【新小岩名倉院】の佐藤です(^^♪

前回
足のトレーニングの中で
トレーニング原則の1つである
意識性の法則で、もも前の筋肉が鍛えやすく
足を細く・長く見せるためには
非効率になってしまうとお伝えしましたが

今日は欧米人に比べ
アジア人の方が足が短く見えてしまう原因について
お伝えしていきますね♪

 

まず
欧米人に比べ

日本人の方が腸腰筋が短く・太いため骨盤が
前に傾きやすいのですが

骨盤が前に傾くことによって
重心前のめりになってしまいます❕❕

すると
腰を反ってしまうことで起こってしまう腰痛以外にも
体重を前側の筋肉で支えようとするので
前側にある大腿四頭筋への負荷が高まってしまい
裏側のハムストリングスよりも太くなってしまい、結果として
足が太く・短く見えやすくなってしまいます❕❕

 

 

今日はここまでです
最後まで読んで頂きありがとうございました❕❕

次回は年明けに
また情報発信していきますね✌