こんばんは
腰痛専門治療院【新小岩名倉院】の佐藤です!(^^)!

前回
ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)よりも
裏側の筋肉(ハムストリングス)が多い方が足が細く・長く見えますよ❕❕とお伝えしましたが

今日は
トレーニングの原理・原則に則った時に
鍛えやすい筋肉・鍛えにくい筋肉がある事についてお伝えしていきます♪

 

 

ただやみくもに
トレーニングするよりも基本的な7つの法則に従って
トレーニングをした方がより効果的❕❕という7つの原則があります

その中の1つ
〝意識性の法則〟というものがあります
これはトレーニングを行う方自身が
どこの筋肉を鍛えている❕❕と意識したり、
視覚的に筋肉を見たり、
実際に触りながら行うことで筋トレの効果を高めるというものがあります❕❕

 

この意識性の法則
トレーニング効果としては
前側にあり、見える大腿四頭筋の方が、
裏側にあり、見えないハムストリングスより鍛えやすいという状況になる為
前側にある大腿四頭筋の方が鍛えられやすいということになります

 

今日はここまでです
次回は今回お伝えした以外にもある❓❓
特にアジア人が欧米人に比べ足が短く見えてしまう原因❕❕
についてお伝えしていきますね✌

 

最後まで読んで頂きありがとうございました❕❕