こんばんは
腰痛専門治療院【新小岩名倉院】の佐藤です(^^♪

 

前回
約600種類あるインナーマッスルの中でも
特に重要な筋肉は2つあり
1つは腸腰筋であることをお伝えしました♪

 

 

今回は
その腸腰筋の筋力が十分にあり、
硬くなってしまっていないかの
チェック方法についてお伝えしていきます❕❕

 

 

この腸腰筋
歩く姿勢を維持するに主に使われます

この腸腰筋が
十分に機能していると
長い時間歩き続けていても疲れにくいというのもあるのですが
それだけでは
判断材料としては
とても曖昧❕❕

 

そこで
歩く際に普段より歩幅を10㎝広く歩くようにして
1日を通して足腰に疲れが出ないかチェックしてみて下さい

もちろんそれが無かったら
合格です♪

 

硬さ具合は
壁にかかとをピタリとつけた状態で
の空間に手のひらが2枚以上入ってしまうと反り腰であり
この状態は腸腰筋が硬くなってしまっている状態と言えます❕❕

 

歩く幅を広げて生活したときに
疲れが出てしまう

 

もしくは

 

壁際に立った時に
腰と壁の間に手のひらが2枚以上入ってしまう

 

この項目のどちらかでも
当てはまるようでしたら
弱ってしまっている可能性は非常に高いです(´;ω;`)

 

 

今日はここまでです
次回は腸腰筋と並んで非常に重要とされている
インナーマッスルのことについてお伝えしていきます✌

 

最後まで読んで頂きありがとうございました❕❕