こんばんは
腰痛専門治療院【新小岩名倉院】の佐藤です!(^^)!

140801_5454_07109_333_250

 

前回
肥満になってしまう原因として
運動不足などによる
筋力低下がありますとお伝えし、
姿勢を支えるインナーマッスル
体を動かす際に使われるアウターマッスル
落ちるまでの期間が違うことについてもお伝えしました❕❕

 

ここで
復習問題になりますが

この2つの筋肉で
落ちるまでの期間が
早いのはどちらでしょうか・・・❓

 

12m35d25530-1r36

 

 

そうです❕❕
すぐに落ちてしまうのは
アウターマッスルです(´;ω;`)

e6ada3e8a7a3

 

 

逆に
落ちるまで期間がかかってしまうということは
それだけ
体にとって。
生活するうえで。
重要ということになります♪

患者様の分析中

 

そんな
大事なインナーマッスル

 

約600種類もある
インナーマッスルの中で
特に大事な筋肉2つあります

 

 

その1つは
何度も出てきている
腸腰筋

h160

主に歩く時、姿勢を維持する際などに重要な働きがあります
また特に高齢者になって
この筋肉の衰えが顕著になると
筋肉の繊維がきわめて細く、弱くなってしまい転倒の原因となってしまいます

 

また
この腸腰筋
日本人(アジア人)と欧米人とでは
発達の過程が異なり、この筋肉の
長さ・太さが異なってきます

 

欧米人は、細く・長く
日本人は、太く・短くなってきました

 

この発達による差が
欧米人の方が足が速く・足が長く・猫背ではない❕❕
という差につながり、

 

また
骨盤にも張り付くような形で
付着しているためプロポーションの違いにも差が出てきます

ws000006-4

その位
見た目にも大きく関与している
腸腰筋

 

 

次回は
その腸腰筋が
弱っていないかのチェック方法について
お伝えしていきますね♪

最後まで読んで頂きありがとうございました❕❕