こんにちは
腰痛専門治療院【新小岩名倉院】の佐藤です(^^♪

鍼灸施術のスペシャリスト 清水先生

前回
毎日筋トレをしても良い筋肉と
逆にしてはいけない筋肉があり、鍛えても良い筋肉の中に
腹筋があることについてお伝えしましたが

今日は
腹筋のやり過ぎが腰痛を招いてしまう❓❓ということについて
お伝えしていきます❕❕

mxleoku6_400x400

 

まず
腰痛が起きやすい体の状態として
骨盤の傾き・筋力(腸腰筋)の低下が関与してきます

 

筋肉は
一般的に鍛えると短く・太くなります
そして
お腹の筋肉(腹直筋)は
短くなってしまうと
骨盤を後ろに傾けるように歪ませてしまいます(骨盤後傾)

骨盤後傾位は
腰痛だけでなく
下半身太り・ポッコリお腹・猫背など
見た目にとってマイナスの要素を発生させてしまいます

images_original

また
この骨盤の歪み方では
腸腰筋がどんどんと弱ってしまい
高齢になった時に
寝たきりとなってしまう可能性も秘めてしまっているんです

 

 

腹筋のトレーニングはしてもしなくても
余計な腹筋の筋緊張腰痛寝たきりのリスクを高めてしまうんです❕❕

imasia_12926205_m-1024x682

今日はここまでです
次回は
自宅で出来る腹筋のセルフケアについてお伝えしていきますね♪

最後まで読んで頂きありがとうございました❕❕