こんにちは
腰痛専門治療院【新小岩名倉院】の佐藤です!(^^)!

 

前回お伝えした
最後の問いかけについて
今日はお伝えしていきます✌

 

 

前回の投稿を見なかった人の為にも
少しおさらいからしていきます❕
猫背予防のために安易に背中のトレーニングばかりしてしまうと
背中の筋肉がカチカチに固まってしまい、
骨盤の前傾(反り腰)を招いてしまい、
結果として猫背(骨盤前傾型猫背)になってしまう可能性が高く

 

ヘルニア・脊柱管狭窄症・坐骨神経痛につながってしまう
危険性も高まってしまいます❕❕ということを伝え、

では
骨盤後傾型猫背の人が
背中(広背筋)の筋トレをするのは高い効果が見込めるか❔について
問いかけましたが

 

答えは・・・
ズバリ!!

 

見込めません❕❕

 

 

理由は
骨盤の後傾になってしまう原因が
背中の筋肉(広背筋)のみではないからです❕❕

 

 

 

骨盤を後傾させてしまう
主な筋肉は

広背筋以外にも
今までに何度もお伝えした腸腰筋

背部(背骨の両脇)にある脊柱起立筋


太ももの前面にある大腿直筋が弱くなってしまうことで


骨盤の後傾は発生してしまいがちに❕❕

 

 

そして上記で挙げた筋肉の中で
最も骨盤後傾に関与してしまうのが
腸腰筋です❕❕

 

 

 

なぜ最も関与しているのか
それは骨盤の接地面積の差にあります

 

広背筋や脊柱起立筋、大腿直筋はどれも
上辺にわずかに接しているのに対し、
腸腰筋については
骨盤の前面を覆うような形で接しています

 

なので
骨盤後傾でも、前傾でもまずは
腸腰筋を硬すぎず、かといって弱すぎない状態に維持・強化していくことが
猫背防止、しいては美姿勢を維持していくうえで
非常に大事になってきます❕❕

 

 

今日はここまでです
最後まで読んで頂きありがとうございました❕❕