こんにちは
腰痛専門治療院【新小岩名倉院】の佐藤です(^^♪

 

 

前回まで
内股(X脚)の原因として大腿筋膜張筋という
太ももの外側についている筋肉が硬くなってしまうことで
発生しやすいことについてお伝えしましたが

 

ご理解いただけたでしょうか❔❔

 

 

 

今日は
この筋肉への負担を減らすために
自宅で行った方が良いケア方法についてお伝えしていきます❕❕

 

まずは
ストレッチです

o0381067813762121042

 

①両膝を立てた状態であおむけになる
②膝の外側に反対側の足(外くるぶし)を合わせ、パタンと傾けるだけ❕❕

 

 

ストレッチ以外にも
この筋肉が硬くならない状況を作ってあげることが
非常に重要❕❕

 

この筋肉は
股関節を前に持ち上げたり
太ももを内側にねじる作用があります

 

その為
同様の働きをする他の筋肉の負担を減らしてあげることも
重要になってきます❕❕

 

 

その同様の働きをする筋肉とは・・・
何度も出てきている

腸腰筋や、
ももの前についている
大腿四頭筋という筋肉に余計な緊張を緩めることも
大事になってきます❕❕

 

 

↓腸腰筋のストレッチ
http://wp.me/p7NN42-6S

 

↓大腿四頭筋のストレッチ

また
うつ伏せ姿勢で、
何か作業をしている時は
腰を反るような姿勢をとってしまいます

unnamed-40

すると
腸腰筋が機能しきれなくなってしまいます
そうなることでの腰痛ぎっくり腰・
ヘルニア・坐骨神経痛
などの
痺れも発生してしまう可能性もあります

25687

歩行の際に用いられる筋肉なので
歩行レベルが著しく低下してしまい、

歩行レベルの低下は
生活レベルにつながり、認知レベルにも結びついてしまいます

 

今日はここまでです
最後まで読んで頂きありがとうございました❕❕