前回まで
腰痛とがに股の関係性について
お伝えしましたが
当然、内股でも腰痛リスクを高めてしまいます❕❕

 

こんばんは
腰痛専門治療院【新小岩名倉院】の佐藤です(^^♪

 

 

がに股には
お尻の筋肉が硬くなってしまうことで
発生するものが大きな要因ですということについてお伝えしましたが

内股の場合は
主に太ももの外側の筋肉(大腿筋膜張筋)が硬くなってしまうことで
内股になってしまいます(´;ω;`)

この時も
がに股の発生機序と同様
筋肉が硬くなってしまい、内股方向に歪んでいってしまうと
股関節よりも下方にある関節部で補整しようと
反対方向に歪んでしまいます❕❕

これにより
正面から見たときに
英語のXのように見えることから
X脚という変形になってしまうんです

 

また
このももの外側についている筋肉は
骨盤(前方)にも付着しているので硬くなってしまうと
骨盤を前方向に傾くように歪んでいってしまい
反り腰につながってしまいます❕❕

また
反り腰の状態が続いてしまうと・・・
腰から出ている神経の圧迫による
坐骨神経痛のような痺れや下半身(後面)の激しい痛みにつながってしまったり

なにより
過去に何度もお伝えした
腸腰筋が機能しきれていない状態になってしまうので

ぎっくり腰の原因や、
スポーツパフォーマンスの低下
メタボを始めとする

生活習慣病のリスクが高まってしまうんです

 

今日はここまでです
最後まで読んで頂きありがとうございました