こんにちは
新小岩名倉院の佐藤です

d_09379018

アスリートが発症する腰痛では
アウターマッスルで動きをごまかすことによって
起こると、お伝えしました

 

運動のセンスがある人は
競技中でもサボるのが上手です
なぜかというと
アウターマッスルはスタミナがなく
すぐ疲れてしまうため
長時間持続できないからです

 

 

そして
このアウターマッスルで動きを
補おうとすればするほど筋量は多くなくてはいけなくなります

 

しかし
アウターマッスルには
強いパワーを発揮する力があります

 

このパワーは
骨の位置をも動かしてしまうほどなのですが
これが腰で起きてしまうと
ギックリ腰の状態になってしまいます

images_original

 

だから
ただやみくもに体を動かしたり
トレーニングをしていても
腰痛になってしまいます

 

では
どうしたらいいのか

それは
インナーマッスルのトレーニングです

これで無駄にアウターマッスルを使わずにすむので
腰痛に悩むことは無くなります